TOYOBOSHI

製品のお手入れ方法

製品のお手入れ方法
How to Care for Cashmer

カシミヤ繊維はデリケートな繊維です。カシミヤ製品を愛用している間には、どうしても避けられない部分的な汚れをはじめ、着脱時に発生する静電気などによる余分なホコリなどが付着したりします。
そのままにしておきますと虫食いや毛玉の原因に結びつきやすくなります。日常の中で、きれいにリフレッシュさせてあげることで、本来の風合いや艶をよりいっそう気軽に楽しんでいただけます。

大切なカシミヤ製品を永くご愛用していただけますよう、「カシミヤのお手入れ方法」を上手にご利用いただけると嬉しく思います。

カシミヤの休日
Cashmere Holiday

カシミヤは、ウールなどと比較してクリンプ性(ストレッチ)が高いので、型崩れしにくく吸湿性の良い繊維ですが、ニット類を連続して着用される場合、リブの部分に伸びが生じるなど、形状変化を引き起こしやすくなります。着用後に1~2日休ませてあげることによって、カシミヤ繊維は、自身で湿気の吸収や発散を繰り返し、自然と元の形に戻ろうとします。

コート、ジャケット類なども同様なことから、着用後には数日休ませてあげる、ゆとりのあるローテーションをお勧めしています。
カシミヤを、休ませてあげることも大切なことです。

「ブラッシング」と「リフレッシュ」
"Brushing" and "Refresh"

空気の乾いた冬場に着用することの多いカシミヤのニットは、着脱時に発生する静電気から、チリ、ホコリ、毛、他の繊維などが付着し、繊維の絡みが毛玉の発生に結び付きます。着用後には軽いブラッシングをして、毛玉に結びつきやすくなる原因を取り除き、いつもリフレッシュさせてあげることが大切です。

コート、ジャケット類の着用後は、しっかりとしたハンガーに掛けて、柔らかいブラシで毛並みに沿ってホコリなどを払い、優しく毛並みを整えてリフレッシュさせてあげましょう。

カシミヤニットのお洗濯について
About Washing Of Cashmere Knit

カシミヤニットのお洗濯は手洗いをお勧めしています。カシミヤを手洗いすることから繊維のリフレッシュにつながります。お洗濯の後は、風通しの良い所でしばらく放置してから保管しますと、よりいっそう良い保管状態となります。

手洗いに自信の無い方は、安心してお任せできるクリーニング店にご依頼ください。

シーズンの終わりに
At The End Of The Season

シーズンの終わりには、お洗濯やブラッシングなどで、全体をリフレッシュしてから保管するようにしましょう。天然素材であるカシミヤ繊維のカビや虫害は意外と多く発生しています。カシミヤ製品を保管する際には「虫から守る為の防虫剤」、「余分な湿気から守る為の防湿剤」を一緒にいれて保管する事が大切です。

また、シミや汚れは時間が経つと取れにくくなってしまいます。ついてしまった場合は、直ぐにシミ抜きや部分洗いで取り除いておくことをお勧めします。カビや虫害の原因から遠ざけることにもつながります。

FURカシミヤについて
About FUR Cashmere

FURカシミヤは、とくに着用後のこまめなブラッシングをお勧めしています。カシミヤの中でもFURカシミヤは、着用時の静電気を受けやすく、チリ、ホコリ、他の繊維の付着などが生じやすい傾向にあります。着用時の毛羽の乱れも積み重ねてしまうと見栄えに影響を与えてしまいかねません。着用後はいつも軽いブラッシングをして、リフレッシュさせてあげましょう。

カシミヤニットの洗い方
How To Wash Cashmere Knit

01 お洗濯のアドバイス

  1. 使用する前に衣類の洗濯表示を必ず確認して下さい。
  2. 温水は必ず40℃以下にします。(温かい方が汚れは落ち易くなりますが、熱すぎると縮みの原因になります。)
  3. 乾燥機は使用しないで下さい。(縮みの原因となります。)
  4. 色落ちや素材へのダメージの恐れなどがある場合は、影響のない部分でテストしてから洗って下さい。

02 洗濯前の準備

  1. カシミヤ製品に付着している毛玉や、部分汚れを事前に取り除いておきます。
  2. カシミヤ製品を裏返しにしておきます。
    裏返す事で洗濯時の余分な毛羽立ちの発生を避けます。

03 手洗いの場合

  1. 40℃以下の温水を用意します。
    • 水量はカシミヤ製品の重量に対して50倍以上を目安にします。(一般的なレディース・セーター200gの場合、約10L程の目安となります。) 
    • 容器は大きい程、洗濯時の収縮を防ぐ事にも結びつきます。
  2. 洗剤を投入します。
  3. 10~20分程、浸け置きしてから軽く振り洗い、または押し洗いをします。
    • 強いもみ洗いや、押し洗いは収縮や毛羽立ちに大きく影響しますので避けて下さい。
    • 袖や襟など、よごれが目立つ場合は軽いもみ洗いで、よごれを取り除きます。
  4. 洗濯時と同様の水量、温度の温水ですすぎ洗いをします。
    • 洗剤の泡がきれるところまで2~3回程度のすすぎ洗いをします。
  5. 脱水機を使用して、脱水をします。
    • 10~20秒程度を目安に、絞りシワが発生しない程度に脱水します。
  6. 脱水後は、形を整えて平ら、または二つ折りにて自然乾燥します。

04 洗濯機の場合

  1. 洗濯機の「ドライコース」、または「手洗いコース」を洗濯します。
    • 脱水の工程では、絞りシワを避けるため、10〜20秒程度の設定にしておきます。
  2. 裏返してあるカシミヤ製品をネットに入れて、洗濯機に入れます。
  3. 洗剤を投入します。
  4. 脱水後は、形を整えて平ら、または二つ折りにて自然乾燥します。