TOYOBOSHI

カシミヤ製品のお手入れ方法

カシミヤ製品のお手入れ方法
How to Care for Cashmere

カシミヤはデリケートな繊維です。汚れやホコリをそのままにしておきますと、虫食いや毛玉の原因になることがあります。日常のお手入れとシーズン終わりなど定期的にリフレッシュすることで、本来の風合いや艶をより長持ちさせることができます。

カシミヤの休日
Let them rest a day or two between wearing

一度着たら1~2日休ませてください。
カシミヤは、比較的型崩れしにくく吸湿性の良い繊維ですが、連続して着用すると、リブの部分に伸びが生じるなど、形状変化を引き起こしやすくなります。着用の間隔をあけることで、カシミヤ自身で湿気の吸収や発散を繰り返し、自然と元の形に戻ろうとします。

ブラッシング
Brushing

着用後にはブラッシングをしましょう。
柔らかいブラシで毛並みに沿って梳くように、優しく整えます。 空気の乾いた冬場に着用することの多いカシミヤのニットは、着脱時に発生する静電気から、チリ、ホコリ、毛、花粉、他の繊維などが付着しやすく、繊維の絡みが毛玉の発生に結び付きます。軽いブラッシングをして、ホコリなどを取り除いてください。

毛玉
Pilling

毛玉が気になる場合は、市販の毛玉取り器などで取り除くことができます。電動の毛玉取り器は、強く押し付けず、やや浮かして撫でるように動かすときれいに取れます。編地が巻き込まれて破れないようにご注意ください。

シーズンの終わりに
At The End Of The Season

防虫剤を忘れずに。
シーズンの終わりには、お洗濯やブラッシングなどで、全体をリフレッシュし、湿度の低い場所に衣類用防虫剤を使って保管してください。天然素材であるカシミヤ繊維のカビや虫害は意外と多く発生しています。市販されている防虫剤の多くは、揮発した成分が下に行く性質ですので、上の方に置いておくのが効果的です。

カシミヤニットの家庭でのお洗濯
Washing Cashmere at Home

洗濯表示に「おけ」の表示があるものはご家庭での水洗いが可能です。(×がついているものはは水洗い禁止です) 洗濯機で洗えるものもありますが、製品の様子を見ながら手洗いすることをお勧めします。 (ご家庭でのお洗濯に自信の無い方は、安心してお任せできるクリーニング店にご依頼ください。)

洗濯表示の詳細はこちらで確認できます。(消費者庁)

カシミヤニットの洗い方
How To Wash Cashmere Knitwear

1. お洗濯前に

  • 洗濯表示を必ず確認して下さい。
  • 色落ちや素材へのダメージの恐れなどがある場合は、影響のない部分でテストしてから洗って下さい。
  • カシミヤ製品に付着している毛玉や、部分汚れを事前に取り除いておきます。
  • セーターなどは裏返しにしておきます。











2. 洗い方

  • 大きめの容器やシンクに水を入れます。水温は40度以下にしてください。温度が高いと縮みの原因になります。
  • 水量はカシミヤ製品の重量に対して50倍以上を目安にします。一般的なレディース・セーター200gの場合、約10L以上が目安となります。
  • 一枚ずつ洗ってください。
  • 中性洗剤を投入します。(ウール用やおしゃれ着用洗剤があれば使用します)
  • 洗剤を十分に溶かし、10~20分程浸け置きしてから軽く押し洗いをします。
  • 強いもみ洗いや、押し洗いは収縮や毛羽立ちしやすくなりますので避けて下さい。
  • 袖や襟など、よごれが目立つ場合は軽いもみ洗いで取り除きます。
  • 洗濯時と同様の水量、温度の水ですすぎ洗いをします。
  • 洗剤の泡がきれるところまで2~3回程度のすすぎ洗いをします。

3. 脱水・平干し

  • 洗濯機の脱水機能を使用して30秒~1分程度で脱水します。できれば洗濯ネットに入れてください。手で強く絞ると繊維を傷めたり毛羽立ちができやすくなりますので、遠心力を利用した脱水機能が便利です。 
  • 脱水後は、形を整えて大き目の平干しネットの上などに平らにおき、直射日光の当たらない日陰で自然乾燥させます。乾燥機は縮みの原因となりますので厳禁です。

4. アイロン

  • 洗濯表示にアイロン可の記載がある場合は、アイロンがけをすると綺麗に仕上がります。設定温度(通常は中温)に従ってセットし、アイロンを軽く浮かせて、スチームを出しながら、さっと撫でるようにかけるのがコツです。綿製品などのように、高温設定をしたり押し付けたりすると、縮みの原因となりますので十分ご注意ください。またボタンや金属部分にアイロンが当たらないようにしてください。